手話で楽しく農作業

益田です。

シロウト日記は、続きます。

 

今日はいいお天気の中、トマト畑ときゅうり畑づくりを体験しました。

内容は映像のとおりなのですが、農作業を体験していて色々と学ぶことがあるので楽しい毎日を過ごさせていただいております。

 

農作業自体は単純だし多くの場合、難しいことはありません。

 

しかし農業という「業」になると、生活がかかってきますので簡単にはいきません。

 

そこには、天候気候・土の状態・作物の育成状況などを見ながら自然との駆け引きが重要なポイントになってくるようです。

 

何を、いつやるか。

それを、「今だ!」と判断できる知識や経験と、「来るぞ!」というものに対する備え。

 

ここが「生業」として農「業」を営み続ける、スキルの真髄ではないかと思います。

 

家庭菜園とは規模が違うし生活がかかっているだけに、「判断」というものが重要なファクターとなってくるとこと観じました。

 

そうは言っても、私は農作業を体験させていただいているレベルの初心者。

 

見るもの聞くものが新鮮で、毎回楽しく農場に通っています。

作業だけなら力も要らないし、簡単で楽しいものばかり。

 

なんせ、自分で植えた種から芽がでたりするのですから、こんなに楽しいことはありません。

 

手話での会話も、もちろん楽しいひとときではあります。

毎日でなくてもいいので、一緒に手話と農作業を楽しんでみませんか?